コラム|出水市昭和町で歯科をお探しの方は医療法人 村岡歯科医院まで

  • 電話
  • メニュー

前歯の虫歯の特徴と治療法

皆さんこんにちは。

村岡歯科医院です。

前歯は、機能面はもちろん、審美面においても重要な歯です。

それだけに、前歯が虫歯になるとさまざまな問題が生じます。

そこで今回は、前歯の虫歯の特徴と治療法についてわかりやすく解説します。

前歯の虫歯の特徴

前歯は、下顎よりも上顎の虫歯リスクが高くなっています。

下の前歯はすぐ近くに唾液腺が存在しており、唾液による自浄作用や殺菌作用が働きやすくなっているからです。

上の前歯はそうした作用が期待しにくいこともあり、比較的虫歯のリスクが高くなっています。

また、虫歯になると、とても目立つことから早急に治療を受けるようにしましょう。

前歯の虫歯の治療法

前歯の虫歯は、軽度であればコンポジットレジンで治療できます。

虫歯になっている歯質を削って、ペースト状のレジンを充填し、光で固めます。

虫歯が比較的大きい場合は、被せ物を装着することになります。

その際、保険診療であっても銀歯となることはありません

前歯に歯科用金属を用いると、あまりにも目立ってしまうからです。

そのため、保険診療ではレジンで被せ物を製作することとなります。

前歯の虫歯にはセラミックがおすすめ

レジンの人工歯でもそれほど目立つことはないのですが、やはり天然歯とは異なる点が多々あります。

セラミックのように、天然歯の色や質感、光沢はレジンで再現するのが困難です。

また、汚れや臭いの吸着、摩耗などの経年劣化も大きいことから、前歯の虫歯治療は、セラミックで行った方が良いといえるのです。

治療は繰り返せば繰り返すほど、失う歯質の量も増えていくため、再治療の可能性が少ないセラミック治療が最善といえます。

まとめ

このように、前歯はとても目立つ部位なので、虫歯になったらできるだけ早く歯科を受診しましょう。

詰め物や被せ物を製作する際には、審美性や機能性、耐久性に優れたセラミックがおすすめといえます。

前歯のセラミック治療についてさらに詳しく知りたい方は、ぜひ当院までご相談ください。