インプラント|出水市の歯医者、歯科なら、村岡歯科医院まで

  • 電話
  • メニュー

インプラント治療を行えば、失った歯の機能を取り戻すことができます。
インプラントとは、歯を失ってしまった部分の顎の骨に土台(人工歯根)を埋め込み、
その上にセラミックなどの人工歯をかぶせる治療法です。
入れ歯と異なり、口の中に装着する必要がないため、違和感がなく、強い力で噛むことができ、審美的にも優れています。

他の治療法との違い

ブリッジ

抜けた歯の両隣の歯に掛けて失った歯を取り戻すのがブリッジです。
両隣の歯を削る必要があり、噛み心地もインプラントの方が自然です。

イメージ画像

入れ歯

入れ歯は、口の中に異物感があり、見た目もあまり優れていません。
また取り扱いの手間もかかってしまいます。

イメージ画像

インプラント

インプラントは、失った歯の部分に埋め込むので、他の歯に負担をかけません。
また口の中の違和感がありません。
見た目も綺麗で強い力で噛むことができます。

イメージ画像

こんな人におすすめ

歯を削りたくない

ブリッジは、両隣の歯を土台に使用するので、健康な歯を削らなければいけません。
インプラントは、失った歯の部分に土台を埋め込むので両隣の歯を削る必要はありません。
見た目も美しく、他の健康な歯を傷つけなくて済みます。

イメージ画像

入れ歯に違和感を感じる

部分入れ歯の場合、左右の歯にバネをかけるため違和感があります。
インプラントは土台を埋め込んでしまうので、違和感がなく自然な噛み心地を実現できます。

イメージ画像

入れ歯が動く

入れ歯が動いてしまうとうまく噛めなくなり、食事に影響するだけでなく、発音などにも不便を感じることがあります。
複数本のインプラントで入れ歯を固定することで、グラつきなどがなくなり強い力で噛むことができます。
引っ掛けるだけの入れ歯よりもしっかりと固定することができます。

イメージ画像

治療の流れ

1診断並びに治療計画の
作成、説明

お口の状態を丁寧にカウンセリングします。
失った歯の本数やインプラントを埋め込む顎の骨の量や強度などによって最適な治療方法は異なります。
レントゲン撮影を行い、綿密な治療計画を立てます。

2インプラント治療の前処置

インプラント治療を行う前に、お口全体の虫歯や歯周病の治療を行います。
また、インプラントを埋め込む顎の骨の量が足りない場合は、骨充填剤などで骨の量を増やす骨造成を行います。

3インプラントの埋め込み

インプラント治療を行う部分の歯茎を切開し、顎の骨に穴を開けてインプラントを埋め込みます。

イメージ画像

4骨とインプラントの結合が
安定する期間

埋め込んだあと、インプラントと骨がしっかりと結合するまで安定期間(オッセオインテグレーション)を設けます。インプラントと骨が結合するまでの期間は、場合によって異なりますが3~6ヶ月程度です。

イメージ画像

5インプラントと骨が
一体化してきた後の処置

インプラントと骨が結合したら再び切開し、インプラントの頭部にアバットメントと呼ばれる土台を取り付けます。
切開した歯茎が治るまでに約6週間ほどかかります。

イメージ画像

6人口歯の成形、
インプラントの装着

切開した歯茎が治ったら、歯の型をとり、他の歯の色や形、歯並びなどを考慮して、インプラントに装着するためのセラミックの人工歯を作ります。
人工歯を装着して調整をおこなったらインプラント治療は終了です。

イメージ画像

7インプラント治療後の
メンテナンス

インプラントの治療が終わったら、定期的なメンテナンスが必要です。
インプラント生存率は10年で90〜95%程度と言われております。
定期的なメンテナンスを行ってインプラントを長持ちさせましょう。

イメージ画像

骨の量が少なくても

医療法人 村岡歯科医院では、骨の量が少ないという方でも、骨を増やす手術や、様々な治療法でインプラント治療を行うことができます。

サイナスリフト

上顎の骨が薄い時に、穴を開けてその部分に人工骨を流しこむことで骨の厚みを増す方法です。

イメージ画像

骨移植

骨の量が少ない箇所に、お口の他の部分から骨を切り取って移植します。
患者様の血液から成分を抽出し、骨の造成の促しを行います。

イメージ画像

GBR

失われてしまった骨を再生させながら、インプラントの埋入を行う方法です。

イメージ画像